水素水の種類|素晴らしい健康効果のある高麗人参|サプリで簡単に摂取できる
男の人

素晴らしい健康効果のある高麗人参|サプリで簡単に摂取できる

水素水の種類

飲料を飲む人

含まれる水素の違い

一般的に、水素が一定の濃度以上で溶解している水を「水素水」と言いますが、この水素の種類によっては「活性水素水」と呼ばれるもあります。単に水素と言っても、水素原子や、水素原子が二つくっついた水素分子、水素のもつ電子数が違う水素イオンなどと状態によって種類が分かれます。どの水素でも含まれていれば水素水となりますが、酸素との結びつきやすい状態の水素原子や水素イオンが含まれているものを特に「活性水素水」と呼ぶこともあるようです。酸素と結びつきやすいことは、抗酸化作用が強いという意味でもあるため、このように呼ばれているのでしょう。水素水サーバーのメーカーによっては「アルカリイオン水」「電解水素水」などという呼び方をされることもあります。

活性化した水素水

抗酸化作用が強いということは、酸素に反応して変化しやすいということでもあるため長期保存には向かないとも言えます。そこで、このような活性水素水を効率良く活用する方法としては、マグネシウムやカルシウムといった還元材と水素を化合させた粉末を水に溶いて水素水を作る方法や、電気分解などで水素水を作る水素水サーバーを利用する方法などがあります。どちらも還元反応や電解によってイオン化した水素を多く含むので活性水素水といって良いでしょう。最新の研究では、水素分子を含む水素水でも十分な抗酸化作用が期待できると言われていますが、より効果を求めるのであれば活性水素水と呼べるものを利用するのも良いのではないでしょう。